最新ニュース

留学生の就職拡大 「特定活動」見直し

2019年06月12日(水曜日)

法務省は、外国人留学生の就職拡大を目的とした告示改正を行なった。日本の大学または大学院の卒業・修了者が日本語能力を活かした業務を含む幅広い業務に従事する場合は、在留資格「特定活動」による入国・在留を認める。施行は5月30日。

従来、飲食店や小売店でのサービス業務や製造業務に主に従事するケースでは、翻訳・通訳などの専門的・技術的業務が一部含まれている場合でも、就労目的の在留資格が認められていなかった。一方で、企業側では、インバウンド需要の高まりなどを背景に、大学・大学院で広い知識を修得し高い語学力を持つ外国人留学生に対する採用意欲が高かった。

一覧

就業規則・労使トラブル相談受付中!

お電話は03-3292-0703まで

ご相談・お問い合わせ

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-12-3
第一アマイビル1階

NCパートナーズ

ネットde顧問

労働保険・社会保険手続き代行

会社を鉄壁にする!NC労務consultingとは

労使トラブルの解決事例

特別加入 中小事業主特別加入制度

出版書籍のご案内

茂木会計事務所

優真税理士法人

税理士法人48

ページの先頭へ