最新ニュース

外国人へ説明は理解度確認して

2019年04月03日(水曜日)

渋谷労働基準監督署(古賀睦之署長)は、外国人労働者を雇用する企業に対し、労務管理講習会を開催した。

同労基署の槇原隆基労働基準監督官は、企業が労働条件を説明する際、外国人労働者が内容を理解できているか確認するよう求めた。外国語の説明文書を用意しても、翻訳の仕方などが原因で、企業が意図したニュアンスが伝わっていないケースがある。また、労使協定などで必要な過半数代表者の選出について、外国人労働者も含めた過半数で判断するため、「手続きに参加していない」と訴えられないよう注意する必要性がある。

一覧

就業規則・労使トラブル相談受付中!

お電話は03-3292-0703まで

ご相談・お問い合わせ

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-12-3
第一アマイビル1階

NCパートナーズ

ネットde顧問

労働保険・社会保険手続き代行

会社を鉄壁にする!NC労務consultingとは

労使トラブルの解決事例

特別加入 中小事業主特別加入制度

出版書籍のご案内

茂木会計事務所

優真税理士法人

税理士法人48

ページの先頭へ