最新ニュース

様式例活用して情報の共有を 東京産保センター

2018年08月31日(金曜日)

東京都産業保健総合支援センターは産業医を集め、治療と職業生活の両立支援に関する研修会を開催した。

両立支援では企業、労働者、主治医、産業医の情報共有が重要となる。ガイドラインは情報共有を円滑にするための様式例を用意している。企業は様式例を参考に、主治医と産業医から就業継続・職場復帰の可否に関する意見書を取得し、両立支援プランを作成する。

内田相談員は「休職開始時の情報共有ができていない企業が多い」と課題を指摘した。産業医に休職開始の情報が入らず、主治医との連携が後手に回ってしまうケースが多いという。

一覧

就業規則・労使トラブル相談受付中!

お電話は03-3292-0703まで

ご相談・お問い合わせ

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-12-3
第一アマイビル1階

NCパートナーズ

ネットde顧問

労働保険・社会保険手続き代行

会社を鉄壁にする!NC労務consultingとは

労使トラブルの解決事例

特別加入 中小事業主特別加入制度

出版書籍のご案内

茂木会計事務所

優真税理士法人

税理士法人48

ページの先頭へ